​木材について

merge furnitureでは、主ににオーク、ビーチ、セランガンバツの3種で家具を製作しています。

oak_oil_clear.jpg

オーク

家具材としてよく使われます。木目がはっきりしていて、虎斑と言う模様があります。

淡黄色〜茶色。

beech_oil_white.jpg

​ビーチ

家具材としてよく使われます。木目は穏やかでゴマ斑と言う斑点模様があります。

黄〜ピンクがかったクリーム色。​

selangan_batu_oil_clear.jpg

セランガンバツ

屋外での耐久性が高い為、主にウッドデッキ 等に使用されます。ピンホールと言われる小さい穴が入ることがありますが、強度には問題ありません。

黄〜赤みがかった褐色。

 

塗装について

merge furnitureでは、木の素材感をいかした塗装として、オイルフィニッシュという仕上げをしています。

​オイルフィニッシュとは

 

木に乾性油を浸透させ、木目を生かした塗装法。木の呼吸を妨げず、しっとりした触り心地に仕上がります。​

安全性と耐久性の高いオイル

ドイツ LIVOS社のオイルを使用しています。
亜麻仁油がベースとなっているこのオイルは、その他の成分も体に配慮したものとなっています。

 

食品レベルの良質な亜麻仁オイル。

リボス社のオイルの主成分でもある亜麻仁油は近隣農家の方々と契約し、有機栽培で作られた良質な植物油です。

収穫された亜麻仁は一般的には80℃程度の高温で抽出されますが、リボス社では40℃の低温で時間をかけて抽出することにより、ビタミンA・Eが壊されずに残り食品レベルの安全性を保ちます。

良質な原料はそのまま塗料自体の品質を高め、木部に深く浸透することで効果後の木を保護する力と性能を高めます。

突板について

 

突板とは、天然木を厚さ0.2mm~0.6mmに薄くスライスしたものです。

これを合板に貼り付けて天然木化粧合板として使います。merge furnitureでは、主にキャビネット類に使用しています。

ペーパーコードについて

 

椅子用に作られた紙ひもです。

FSC®認定を受けたデンマーク製のペーパーコードを使用しています。

張地について

 

FLAT (76色) / WOOL (9色) / WINDOWPANE (20色)

の3種類の中からお選び頂いています。(製品ページの価格は、こちらからお選び頂いた場合です。)

その他にも一般的な椅子用生地であれば、ご指定頂いたものでの製作も可能です。(生地により製作できないものもございます。)

 

生地は無数にありますので、参考に下記有名メーカー等からお好きな張地を探してみてください。